ファンタスティックビースト

2016年11月に日本公開が決定して、ハリーポッターファンが待ち望んでいる新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法の旅」ですが、原作やハリーポッターの最新刊との関係はどうなのでしょうか?

今回はそんな気になる原作情報やハリーポッター最新刊との関係をご紹介いたします。

ファンタスティック・ビーストの原作は?

ファンタスティック・ビーストはホグワーツ魔法魔術学校の教科書『幻の動物とその生息地』をもとに作られた3部作のうちの1作という情報があります。

…ということは、ファンタスティック・ビーストの原作は、ハリーたちが使っていた、と言われ出版されている『幻の動物とその生息地』という本が原作の本なのではないでしょうか?著者はもちろんハリーポッターシリーズのJ・K・ローリングですし、原作本と言ってもいいと思います。

しかし、現在出版されているこの『幻の動物とその生息地』ですが、ハリーたちが使っていた教科書、といううたい文句で出版されているだけあって中身は本当の教科書のような内容、そしてハリーやハーマイオニー、ロンたちの落書きがプリントされているんです。

つまり、ファンタスティック・ビーストの原作はない、ということになりますね。

気になるあらすじやクライマックス、登場人物などはすべてわからず、劇場に行って確かめるしかないですね。

ハリーポッターの最新刊とその内容は?

11月に公開されるスピンオフ映画「ファンタスティック・ビースト」ですが、実はハリーポッターの最新刊も11月に発売が決定していたのです。

この新刊『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部/第二部』は舞台のリハーサル脚本の書籍化、日本語版となっており、今までのハリーポッターシリーズのような物語ではなく、舞台の戯曲となっております。

舞台は1部と2部に分かれているため、サブタイトルにもあるように作品も二部構成になっております。
英語版は舞台の公開初日翌日から発売されています。

気になる内容ですが『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年がたった世界が舞台になっていて、父となったハリーが2人目の子供を魔法学校へと送り出したその後の物語です。

こちらも映画とは全然関係なさそうどころか舞台の脚本を日本語訳したもので戯曲なので物語とも関係がなさそうです。

では、あらすじはわからないの?

ファンタスティック・ビーストの原作はホグワーツ魔法学校の教科書ということで静山社から出版されている『幻の動物とその生息地』が原作かと皆さんが期待されているみたいですが、こちらは本当の教科書、として販売されているために物語の本筋やあらすじ、登場人物などを確認するのには不向きどころかまったく参考にならないので関係はなさそうです。ただ、ハリーたちの気分は味わえそうですね。

そして、映画が公開される11月に発売されるハリーポッターシリーズの最新刊『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部/第二部』はどうでしょうか?

公開される11月に発売とのことでもしかしたらあらすじなどが分かるかもしれない!と期待される方も多いかもしれませんが、こちらも映画とは全く関係なさそうです。

この最新刊は舞台脚本を書籍化したもののため、戯曲になっています。そのため、映画との関係はないですね。

それでも色々調べてまして、ファンタスティック・ビーストのあらすじについてはこの記事でもまとめていますので見てみてくださいね。
→ ファンタスティックビーストのあらすじをまとめました

ファンタビを見るならハリーポッターを見ていないと絶対に損をします!

ファンタスティック・ビーストを観に行く予定の人は、ハリー・ポッターを復習しておきましょう!

このファンタスティック・ビーストの監督をしているのはイングランド出身のデイビット・イェーツです。

このデイビット・イェーツは、映画「ハリー・ポッター」シリーズの後半4作品「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の監督をしています。

ですので、この4作品は観ておいた方がファンタスティック・ビーストの雰囲気を楽しめますし、それ以外でもファンタスティック・ビーストはハリー・ポッターの時代の70年前ということで、ダンブルドアの若いころが出てきたり、ファンタスティック・ビーストの主人公であるニュート・スキャマンダーの孫が「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」から登場したルーナ・ラブグッドと結婚をするなどハリーポッターを観ていないと分からない内容が多数出てきます。

もちろん、ハリー・ポッターを知らない人でも楽しめると思いますが、せめて「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」だけでも観ておいた方がいいです。むしろ損をします。

今なら期間限定でU-NEXTでハリー・ポッターシリーズが全部見れます。

さらに、新作などが600円分無料で観られるU-NEXTポイントもついてきます。このポイントで「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」だけでも観てから映画館に行ってください。U-NEXT自体は31日間無料なので他にも試しに観ることもできます。→

U-NEXTの申し込み方法の流れを書いてみました。新作映画を観る前に復習しよう!

この記事のまとめ

今回は11月に公開される「ファンタスティック・ビースト」の原作についていろいろと情報を書いてきました。

ファンタスティック・ビーストには原作がなく、まったく新しい映画ということになっています。ということは、映画が公開されるまで内容のすべてはわからないということですね。

ますます内容が気になってきました!公開が待ち遠しいですね!


個人的には「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を映画館に見に行く前に、U-NEXTで一気にハリーポッターシリーズをおさらいしてから挑みたいと思います!

また「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の記事を書くので楽しみにしててくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました!