ハリーポッターの最新作が公開され、人気沸騰中のハリーポッターですが、皆さんは前作見ましたか?今回はそんなハリーポッターの5作目、ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団についてご紹介いたします。

スポンサーリンク



ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団とは

大人気作品ハリー・ポッターシリーズの第5段として発表された作品。
2003年に書籍が発売され、2007年7月20日に同じ題名で映画が公開されました。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」あらすじ前編

主人公ハリーはホグワーツ魔法魔術学校の5年生になる日を待ちながら長く孤独な夏休みを耐えていました。そんな中、路地を歩いていたハリー、ダドリー・ダーズリーは現れた吸魂鬼に襲われてしまうが、ハリーが魔法によって窮地を脱した。

親友のロンやハーマイオニーからの連絡もなく、ハリーは不安に思っていたが、ようやく1通の便りが届きますが、その内容はハリーがホグワーツから除籍という通知だった。除籍の理由は学校以外、しかもマグルの前で魔法絵を使用したことだった。

しかしそれは、ハリーといじめっ子のイトコダドリーが奇襲を受けやむなく応戦したためだった。その旨を伝える自己弁護できるのは魔法省で開かれる尋問会しかなかった。残念ながらその機会も魔法省の大臣が形式的に開くだけのものであり、その上大臣のコーネリウス・ファッジはハリーの永久追放をもくろんでいたのだった。

そんな絶体絶命のハリーだったが、ダンブルドアの働きかけにより、ハリーは無罪放免となった。

無罪放免となったハリーだったが、魔法界の住人たちはヴォルデモート卿の復活の一件を作り話だと思っているために人格を疑われてしまう。そんな中、ハリーはロンとハーマイオニーに説得され学校内の有志を集め、「ダンブルドア軍団」を結成、闇の魔術から身を守る方法をメンバーに指導する。

スポンサーリンク



「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」あらすじ後編

一方ダンブルドアもヴォルデモートに対抗するべく秘密同盟「不死鳥の騎士団」を結成するが、ヴォルデモートも自分を慕うものを集め、ハリー抹殺を図るのであった。

そんなハリーだったが、魔法試験の途中シリウスが拷問ざれる夢を見てロンやハーマイオニー達とともに夢に出てきた魔法省の神秘部へと向かい、12個の回る部屋や謎の石のアーチの部屋などをめぐり、「武器」である「予言」を見つけるが、そこで同じく予言を手に入れようとする死喰い人が現れる。

絶体絶命に見えたその瞬間、不死鳥の騎士団がハリーたちの元へ駆けつけ、激しい死闘を繰り広げる。そんな死闘の中でシリウス・ブラックが命を落としてしまう。

生徒たちのボイコットにあった教師のアンブリッジはホグワーツを去り、魔法界の人々はヴォルデモート卿の復活が現実であると知ったのだった。ヴォルデモート卿を討つべくハリーは友人たちに励まされながら決意新たにダーズリー家へと戻っていくのであった。

この記事のまとめ

第5弾となる今回の不死鳥の騎士団では、ヴォルデモートが復活したことにより、ハリーの身に様々な危機が襲い掛かります。

そんな危険が身に降りかかりながらも学校生活や危険を仲間たちと一緒に乗り越え、強くなっていくハリーは今作品まででとても成長していると思います。

しかし、そんなハリーが今回はマグルの前で魔法を使ったということでホグワーツ魔法魔術学校からの除籍という処分が下されてしまいますが、ダンブルドアの助け舟で除籍を免れます。

今回はハリーに次々と降りかかる危機をどう切り抜けていくのか、そこがとても見どころです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク