ハリーポッターシリーズの第7弾である死の秘宝ですが、2部作品で映画化されたの知っていましたか?
今回はそんな2部作品の1作目、PART1についてご紹介いたします。

スポンサーリンク



「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」とは?

ハリー・ポッターと死の秘宝は2007年7月に発売されたハリーポッターシリーズの第7巻目である小説を原作に、2008年に日本語版が発売されました。

映画の公開は2010年に二部作である前編が公開されました。

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」あらすじ前編

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は自分たちに課せられた使命であるヴォルデモートを倒すためにそのカギを握るヴォルデモートの節の力を支えている「分霊箱」を探していた。一方デスイーターとして帰還したスネイプはマルフォイたちを連れ、姿を消してしまった。

守ってくれる人も導いてくれる人も失ったハリーたち3人にはこれまで以上に固い絆が必要になった。しかし闇の力はしっかり結ばれていたはずの彼らの絆をはがしていく。

魔法界はかつてないほどに危険な場所になっており、ヴォルデモート卿の復活が現実になった今、魔法省だけでなく、ホグワーツもデスイーターに支配されていた。

魔法大臣の殺害、スネイプの校長就任など、数々の異変が起きている中、デスイーターはヴォルデモート卿の命でハリーを生け捕りにしようとしていた。

そんな中、ハリーたちは分霊箱の手掛かりを探すうちに「死の秘宝」の伝説に出会い、古い物語のその伝説が本当ならヴォルデモートは今以上の力を手に入れてしまうことになってしまう。

スポンサーリンク



「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」あらすじ後編

ダンブルドアの遺言「吟遊詩人ビードルの物語」にホグワーツのレイブンクロー寮に所属するルーナ・ラブグッドの父が首からかけていた印と同じものが書き込んであったために3人はルーナの父に会いに行くことにした。

印は「吟遊詩人ビードルの物語」に出ている「三人兄弟の物語」に出てくる3つの死の秘宝だったが、ルーナは連れ去られ、デスイーターがルーナの父の家に攻撃を仕掛ける。ハリーたちは透明マントを使い脱出するも捕まってしまいマルフォイの館に連れていかれてしまう。

ハリーとロンが地下牢に監禁れるとその地下牢にルーナもいた。

そんな中、ドビーが地下牢に現れ、ハリーたちを助けるが戦いの中でドビーは命を落としてしまう。一方ダンブルドアの墓からヴォルデモートは死の秘宝の1つであるニワトコの杖を手に入れてしまっていたのであった。

この記事のまとめ

ヴォルデモートを倒すべく3人が死の秘宝を求め冒険をする中、数々の試練を乗り越え、またハリーにとってドビーの死は大きいものだったと思います。

そんな中、ヴォルデモートは作品の最後でニワトコの杖を手に入れてしまい、完全復活へと一歩を踏み出します。

この一歩は大きな一歩だと思います。

そんな大変なことが起きているので後編が気になりますね。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク