ハリーポッターと秘密の部屋

第一作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」ではホグワーツ魔法魔術学校に入学し、学校生活を満喫、そして自分の両親の敵であるヴォルデモート卿との接触を果たしたハリーですが、第2作目ではどんな成長を遂げるのでしょうか?

今回は気になる第2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のネタバレありのあらすじをご紹介いたします。

ハリーポッターと秘密の部屋 2作目の新キャラクター

ロビー

第2作目では新キャラクターのドビーが登場します。

ドビーは屋敷しもべ妖精と言われる妖精で、特定の魔法使いを自分の「主人」と位置付けてその主人や家族に一生仕えるという妖精です。

仕えてからは日常の家事全般や雑用などの労働奉仕を行う「本能行動」をします。

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじ前半

ホグワーツ魔法魔術学校で無事に1年生を終えたハリーは意地悪なダーズリー一家のもとで夏休みを過ごしていますが、ハリーの元にドビーと名乗る妖精が現れ、学校へ行ってはいけないとハリーに忠告をします。

しかし、ダーズリー一家のもとで暮らすハリーは普通の人間の世界に嫌気がさしていました。そんなハリーのもとに空飛ぶ車に乗って親友のロンがやってきました。ハリーはロンと一緒にドビーの忠告も聞かず旅立ってしまいました。

夏休みが終わり、ハリーたちはいよいよ2年生になります。そんなハリーは前学期の活躍により1年生たちの憧れの的になっていました。そんな彼に新任教師のベストセラー作家であるギルデロイが近づいてきます

そんな中、ホグワーツ魔法魔術学校に不穏な空気が流れ始めます。壁に書かれた警告の文字の謎をハリーやロン、ハーマイオニーは調べ始めようと行動を開始します。

謎の文字を調べている中、ハーマイオニーと女子生徒が襲われ、さらに石にされてしまう事件が発生します。

そしてハグリッドはアズカバン(北海の真ん中の孤島に存在する魔法界の刑務所)へ送られてしまい、さらに、ダンブルドアは校長職を抵触させられるという事態になってしまいます。

そしてロンの妹、ジニーが「秘密の部屋」にさらわれてしまい、ロンとハリーはその秘密の部屋へと赴きます。

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじ後半

秘密の部屋についたハリーは秘密の部屋を開いたのがジニーであるとわかりますが、ジニー本人がやったわけではなく、かつてのホグワーツの生徒の亡霊トム・リドルだった。

ハリーたちが遭遇したトム・リドルは将来大人になり、ハリーの両親やほかの魔法使いを殺すという悪魔、ヴォルデモートの子供の姿であると知ったハリーは思い悩みます。

しかしそんな一連の事件はすべてルシウス・マルフォイの陰謀であったことがハリーの手によって暴かれ、学校の理事であったルシウスは首になります。

ルシウスは親マグル派のアーサーとダンブルドアを同時に失脚させるべく一連の事件を企てていたのでした。

そんなマルフォイ家からドビーは解放され、自由な屋敷しもべ妖精となり、医師にされた生徒たちも元に戻り、再びホグワーツ魔法魔術学校に平和が戻りました。

この記事のまとめ

トム・リドルと名乗るヴォルデモートの幼き頃の姿と対面したハリーがトム・リドルはいずれ自分の両親やほかの魔法使いを殺すという事実を知り、思い悩みます。

しかしそんなハリーの思いなど知らないというようにトムはハリーに襲い掛かりますがハリーはトムを倒し、ホグワーツ魔法魔術学校に平和を取り戻し、ルシウスの陰謀も同時に暴きます。

そんなハリーの活躍によりホグワーツ魔法魔術学校に平和が戻りますが、何度もハリーに接触するヴォルデモート卿との戦いはまだ始まったばかりであり、今回は子供の姿という惑わしまで使ってきたヴォルデモート卿は相当手ごわそうです。

しかし、ハリーが助けたのはホグワーツ魔法魔術学校で事件に巻き込まれた生徒たちだけではありません。マルフォイ家で屋敷しもべ妖精として仕えていたドビーもまた自由になれたのでした。

ファンタビ観るならハリーポッターを見ていないと絶対に損をします!

ファンタスティック・ビーストを観に行く予定の人は、ハリー・ポッターを復習しておきましょう!

このファンタスティック・ビーストの監督をしているのはイングランド出身のデイビット・イェーツです。

このデイビット・イェーツは、映画「ハリー・ポッター」シリーズの後半4作品「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の監督をしています。

ですので、この4作品は観ておいた方がファンタスティック・ビーストの雰囲気を楽しめますし、それ以外でもファンタスティック・ビーストはハリー・ポッターの時代の70年前ということで、ダンブルドアの若いころが出てきたり、ファンタスティック・ビーストの主人公であるニュート・スキャマンダーの孫が「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」から登場したルーナ・ラブグッドと結婚をするなどハリーポッターを観ていないと分からない内容が多数出てきます。

もちろん、ハリー・ポッターを知らない人でも楽しめると思いますが、せめて「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」だけでも観ておいた方がいいです。むしろ損をします。

今なら期間限定でU-NEXTでハリー・ポッターシリーズが全部見れます。

さらに、新作などが600円分無料で観られるU-NEXTポイントもついてきます。このポイントで「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」だけでも観てから映画館に行ってください。U-NEXT自体は31日間無料なので他にも試しに観ることもできます。→

U-NEXTの申し込み方法の流れを書いてみました。新作映画を観る前に復習しよう!

この記事のまとめ

やはり、新しい映像が公開されていくとこちらとしてはワクワクが倍増してきて、待ち遠しいですね!
おそらくこれからもっと色んな情報が出てくると思いますので、楽しみにしててください!


個人的には「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を映画館に見に行く前に、U-NEXTで一気にハリーポッターシリーズをおさらいしてから挑みたいと思います!

また「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の記事を書くので楽しみにしててくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました!